大黒神島(読み)おおくろかみじま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広島県南西部、広島湾内にある島。江田島(えたじま)市沖美町に属す無人島。面積7.25平方キロメートル。岩石の多い島で、森林に覆われる。最高点は櫛(くし)ノ宇根の460メートル。かつては石の切り出しや林業が行われた。島の周辺では、カキの養殖が行われ、タイやチヌ、タコ、ボラなどが漁獲される。2003年(平成15)アメリカ空母艦載機のNLP(夜間離着陸訓練)施設を大黒神島に移設する計画が明らかになったが、反対運動のため挫折した。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android