コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖美 おきみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖美
おきみ

広島県南西部,江田島市西部の旧町域。広島湾にある西能美島 (→能美島 ) の西半部を占める。 1956年三高村と沖村が合体して町制。 2004年江田島町,能美町,大柿町の3町と合体して江田島市となった。花崗岩からなり,古くから石材を産出。ミカンや電照菊などの花卉栽培,沿岸漁業やカキ養殖もみられる。広島市の造船所へ専用通勤船が通うほか造船関連の鉄工団地が立地する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖美
おきみ

広島県南西部、佐伯(さえき)郡にあった旧町名(沖美町(ちょう))。現在は江田島(えたじま)市沖美町地区。旧沖美町は1956年(昭和31)三高(みたか)、沖の2村が合併して町制施行。2004年(平成16)安芸(あき)郡江田島町、佐伯郡大柿(おおがき)、能美(のうみ)の各町と合併、市制施行して江田島市となった。瀬戸内海の能美島北西部(西能美島)と大黒神(おおくろかみ)島、大奈佐美(大那沙美)(おおなさび)島などからなる。西能美島の北端の三高港から広島市まで船で約30分の距離にあり、広島市への通勤・通学者も多い。集落も耕地も島の斜面にあり、ミカン、野菜、花卉(かき)を栽培する。またカキ養殖、ヒラメやタイ漁なども行い、ナマコは県生産の60%を占める。本土から進出した中小工場や別荘地もあるが小規模。島の西側の入鹿(いるか)海岸には人工浜がつくられ、海水浴場としてにぎわう。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

沖美の関連キーワード広島県江田島市江田島[市]江田島(市)能美[町]関西美人

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android