天の夕顔(読み)てんのゆうがお

  • てんのゆうがお〔テンのゆふがほ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中河与一(よいち)の中編小説。1938年(昭和13)『日本評論』新年臨時号に発表される。63年(昭和38)12月の雪華社版が定本。龍口(たつぐち)という男の独白体により、年上の人妻との悲恋を描く。大学生の龍口はすでに人妻であった下宿先の娘あき子と知り合い、以来二十余年もの間、姉弟のような至純の距離を保ちつつ苦しい交際を続ける。最後に誓い合った5年後の再会すら、あき子の死によって果たされない。永井荷風(かふう)が激賞し、ベストセラーとなった作品で、海外にも紹介され親しまれている。[高橋真理]
『『天の夕顔』(新潮文庫・旺文社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android