日本評論(読み)にほんひょうろん

世界大百科事典 第2版の解説

にほんひょうろん【日本評論】

正しくは〈にっぽん〉と読み,日本評論社が発行した月刊総合雑誌。同社が1926年に創刊した総合雑誌《経済往来》を,通巻号数は引き継いで35年10月号から改題。菊判。主幹は43年まで室伏高信阿部知二〈風雪〉などの問題作を掲載した。44年,戦時統制により《経済評論》と改題したが,敗戦後46年4月号より復題して,ドキュメンタリーの手法を駆使したルポや,占領軍政策批判にまで踏み込む〈時の動き〉などで新生面を開き,新しい総合雑誌といわれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本評論の関連情報