コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本評論 にほんひょうろん

世界大百科事典 第2版の解説

にほんひょうろん【日本評論】

正しくは〈にっぽん〉と読み,日本評論社が発行した月刊総合雑誌。同社が1926年に創刊した総合雑誌《経済往来》を,通巻号数は引き継いで35年10月号から改題。菊判。主幹は43年まで室伏高信阿部知二〈風雪〉などの問題作を掲載した。44年,戦時統制により《経済評論》と改題したが,敗戦後46年4月号より復題して,ドキュメンタリーの手法を駆使したルポや,占領軍政策批判にまで踏み込む〈時の動き〉などで新生面を開き,新しい総合雑誌といわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本評論の関連キーワードアルニム(Bettina (Elisabeth) von Arnim)ベロン(Eugène Véron)日本評論(にほんひょうろん)司馬遷(武田泰淳の評論)司法制度改革審議会大日本言論報国会権利のための闘争東京経済雑誌衛正斥邪思想明治文化全集美濃部 洋次美作 太郎畑中 繁雄末弘厳太郎美濃部洋次村上 一郎白崎 秀雄演劇桃の実自由法曹団鈴木 利貞

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本評論の関連情報