コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天南松薫 てんなん しょうくん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天南松薫 てんなん-しょうくん

1573-1640 織豊-江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。遠江(とおとうみ)(静岡県)可睡斎の鳳山等膳のもとで出家。下野(しもつけ)(栃木県)大中寺の門庵(もんなん)宗関に師事し,その法をつぐ。徳川家康が等膳に師事した関係から家康の厚遇をうけ,その命で大中寺にはいり,関東僧録となった。寛永17年9月17日死去。68歳。遠江出身。著作に「天南代」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天南松薫の関連キーワードキリシタン天正ピューリタン革命ブラガンサ朝元亀安土桃山時代(年表)ルーベンスの家ピューリタン革命チャールズ1世パチェコ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone