コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中寺 ダイチュウジ

世界大百科事典 第2版の解説

だいちゅうじ【大中寺】

栃木県下都賀郡大平町西山田にある曹洞宗の寺。山号は太平山。小山重長(成長)が,快庵妙慶を開山に1489年(延徳1)に創建した。のち無学宗棼(そうふん)と快叟(かいそう)良慶が第6世の住持職を争い無学が住持となったが,寺は同町榎本に移った(現存)。この結果西山田の大中寺は住持を欠き,寺は衰退したが,のちに復興し,1612年(慶長17)には幕府から曹洞宗法度が下されて大僧録寺院(関三刹(かんさんさつ))の一つとなり,全国の同宗寺院を支配する有力寺院となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大中寺の関連キーワード栃木県栃木市大平町西山田沢木 興道韓嶺良雄快叟良慶圭庵伊白助翁永扶以船文済朴堂宗淳天嶺呑補天南松薫釈 大眉泉岳寺釈宗演