コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天地根元造(り) テンチコンゲンヅクリ

デジタル大辞泉の解説

てんちこんげん‐づくり【天地根元造(り)】

日本固有の最も原始的な家屋として想定される建築形式で、扠首(さす)組の切妻葺(ぶ)き屋根を地表まで葺き下ろしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

天地根元造(り)の関連キーワード越中五箇山菅沼集落作り

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android