コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家屋文鏡 かおくもんきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家屋文鏡
かおくもんきょう

奈良県北葛城郡河合町の佐味田宝塚古墳から発見された日本製青銅鏡。その鏡背に4軒の家,つまり竪穴住居高床住居平地住居が描かれている。古代の住居の構造を示すものとして貴重な資料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かおくもん‐きょう〔カヲクモンキヤウ〕【家屋文鏡】

奈良県北葛城郡河合町にある佐味田宝塚(さみだたからづか)古墳から出土した4世紀の仿製(ぼうせい)鏡。背面に、竪穴(たてあな)・高床平屋の住居と高倉庫の4種の家屋文様が鋳出されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

家屋文鏡【かおくもんきょう】

奈良県北葛城(きたかつらぎ)郡河合町の佐味田宝塚(さみだたからづか)古墳から発見された【ぼう】製(ぼうせい)鏡。竪穴(たてあな)住居,低床住居,高床住居,倉庫と考えられる高床建築の4種の家屋を文様化し,装飾としている。
→関連項目佐味田宝塚古墳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かおくもんきょう【家屋文鏡】

奈良県佐味田宝塚古墳から出土した仿製ぼうせい鏡。背面に、入母屋造りの竪穴家屋・平屋・高床家屋と、切妻造り屋根の高床家屋の四軒の家形の図柄がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家屋文鏡
かおくもんきょう

鏡背に家屋の文様を鋳出した4世紀の(ぼうせい)鏡。径22.7センチメートル、重さ1190グラムの凸面の円鏡。奈良県北葛城(きたかつらぎ)郡河合(かわい)町大字佐味田(さみだ)字貝吹の宝塚古墳から出土。中央に鈕(ちゅう)、円座、円圏、方格を配し、その外側に4種の家屋、半円方形帯、鋸歯文(きょしもん)帯、画文帯と続き、複線波文帯を挟む鋸歯文帯、平縁で終わる。家屋は、階上の欄干(らんかん)に梯子(はしご)をかけ、屋外に桟敷(さじき)を設けて蓋(きぬがさ)を差しかけた高床(たかゆか)(または2階建て)建築、平家の家屋、竪穴(たてあな)住居を思わせる屋根、倉庫を思わせる高床建築の4棟。前三者は入母屋(いりもや)造、残りは切妻(きりづま)造。棟に鳥らしきもの、建物の間に樹木、蓋がみえる。これらの文様は、中国、日本の鏡に類例がなく、家形埴輪(はにわ)、銅鐸(どうたく)の絵画とともに、原史時代の建築を知る重要な資料である。[笠野 毅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の家屋文鏡の言及

【鏡】より

…古墳時代の仿製鏡は,弥生時代の仿製鏡との関連は不明であるが,その製作は4,5世紀,中国鏡の模倣から始まる。ほぼ同時に中国鏡の図像文様を換骨奪胎したものや,直弧文鏡や家屋文鏡あるいは狩猟文鏡のように独自の図像文様をもつものも登場する。その一つの特色は,径30cm以上といった超大型鏡が径数cmの小型鏡とともにあることである。…

【佐味田宝塚古墳】より

…中国鏡の多くは三角縁神獣鏡であり,その多くは他古墳に同笵鏡(どうはんきよう)が見いだされている。また仿製鏡のうちに,鏡背に4種の家屋を鋳出した家屋文鏡があり,4世紀代日本の家屋構造を知る貴重な資料を提供した。古墳の年代は4世紀後葉にあたる。…

【住居】より

…したがって,復元された竪穴住居の上屋はいずれも推定によるものである。遺跡以外の上屋の復原資料も少なく,外観を示すものとして奈良県佐味田宝塚古墳出土の〈家屋文鏡〉と呼ばれる銅鏡の背面彫刻と,奈良県東大寺山古墳出土の鉄刀環頭柄頭の彫刻だけしかない。関野克は中国地方の製鉄場として伝承される高殿(たたら)の構造が,竪穴住居の平面や外観と合致しているところから,高殿の形式を参考にして登呂遺跡の住居を復元した。…

※「家屋文鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家屋文鏡の関連キーワード奈良県北葛城郡河合町入母屋造り狩猟文鏡日本建築家形埴輪鋸歯文仿製鏡家形千木建具

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android