扠首(読み)サス

百科事典マイペディアの解説

扠首【さす】

棟木をささえる合掌状に組んだ丸太。古く丸太を交差して立て,その2組に棒を渡して二流れの屋根をかけた。現在では交差させず山形に組み合わせたものもいう。→くど造
→関連項目合掌造

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さす【扠首】

棟木むなぎなどを支えるために合掌形に組んだ材。民家の屋根、社寺建築の妻飾りなどにみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐す【扠首】

〘名〙
① 切妻(きりづま)や入母屋(いりもや)の造りで、梁(はり)の上に二本の材を合掌形に組み合わせ、中央に束(つか)を立てたもの。合掌。中世では、豕扠首(いのこさす)といっている。
※正倉院文書‐天平宝字六年(762)三月・造石山寺所雑材并檜皮和炭等納帳「佐須一枝〈長一丈六尺 広五寸 厚四寸〉」
② かんぬき。かんぎ。
※サントスの御作業(1591)二「ダイジャ ト ナル イニシエ ノ テンマ ヲ、コノ ドチュウ ニ ヲイコミ、sasu(サス)ヲ ヲロシ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android