コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扠首 サス

デジタル大辞泉の解説

さ‐す【×首】

切妻屋根の両端に、それぞれ棟木(むなぎ)を受けるために合掌形に組む材。古くは上部を交差させて組んだ丸太

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

扠首【さす】

棟木をささえる合掌状に組んだ丸太。古く丸太を交差して立て,その2組に棒を渡して二流れの屋根をかけた。現在では交差させず山形に組み合わせたものもいう。→くど造
→関連項目合掌造

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さす【扠首】

棟木むなぎなどを支えるために合掌形に組んだ材。民家の屋根、社寺建築の妻飾りなどにみられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

扠首の関連キーワード天地根元造束(建築)切妻屋根かや葺き社寺建築小屋組み豕扠首扠首竿妻飾り扠首梁扠首束叉手民家