扠首(読み)サス

  • ×扠▽首

百科事典マイペディアの解説

棟木をささえる合掌状に組んだ丸太。古く丸太を交差して立て,その2組に棒を渡して二流れの屋根をかけた。現在では交差させず山形に組み合わせたものもいう。→くど造
→関連項目合掌造

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 切妻(きりづま)や入母屋(いりもや)の造りで、梁(はり)の上に二本の材を合掌形に組み合わせ、中央に束(つか)を立てたもの。合掌。中世では、豕扠首(いのこさす)といっている。
※正倉院文書‐天平宝字六年(762)三月・造石山寺所雑材并檜皮和炭等納帳「佐須一枝〈長一丈六尺 広五寸 厚四寸〉」
② かんぬき。かんぎ。
※サントスの御作業(1591)二「ダイジャ ト ナル イニシエ ノ テンマ ヲ、コノ ドチュウ ニ ヲイコミ、sasu(サス)ヲ ヲロシ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android