コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永承 エイショウ

4件 の用語解説(永承の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えいしょう【永承】

平安中期、後冷泉(ごれいぜい)天皇の時の年号。1046年4月14日~1053年1月11日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

えいしょう【永承】

日本の元号(年号)。平安時代の1046年から1053年まで、後冷泉(ごれいぜい)天皇の代の元号。前元号は寛徳(かんとく)。次元号は天喜(てんぎ)。1046年(寛徳3年)4月14日改元。後冷泉天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『書経(しょきょう)』あるいは『宋書(そうしょ)』を出典とする命名。1050年(永承5)、陸奥国司の藤原登任(なりとう)が安倍氏征伐に挙兵、安倍氏との間に戦闘が起こり、前九年の役の発端となった。翌1051年(永承6)に、源頼義(よりよし)が陸奥守として赴任し、安倍氏との争乱が本格化した。◇「えいじょう」とも読む。

えいじょう【永承】

⇒永承(えいしょう)

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永承の関連情報