コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天常立神 アマノトコタチノカミ

2件 の用語解説(天常立神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あまのとこたち‐の‐かみ【天常立神】

日本神話で天地ができる時、天空に生じたという神。天常立尊。→国常立尊(くにのとこたちのみこと)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天常立神
あめのとこたちのかみ

創世神話のなかに出てくる神。国常立神(くにのとこたちのかみ)と対をなしているものと思われる。「常」は永遠とか恒久、「立」は存在するというくらいの意で、天空が永遠に存在するということを神格化したものである。天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)と同じように観念的につくられた神である。『日本書紀』では一書(異伝)に出るのみであるが、『古事記』では別天神(ことあまつかみ)五柱のなかの一神として重視されている。岐美(きみ)(伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと))二神への命令者として必要だったのであろう。[守屋俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天常立神の関連キーワード神代日本神話盤古天の原磤馭慮島値ができる腹ができる蛭子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone