コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天常立神 アマノトコタチノカミ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天常立神
あめのとこたちのかみ

創世神話のなかに出てくる神。国常立神(くにのとこたちのかみ)と対をなしているものと思われる。「常」は永遠とか恒久、「立」は存在するというくらいの意で、天空が永遠に存在するということを神格化したものである。天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)と同じように観念的につくられた神である。『日本書紀』では一書(異伝)に出るのみであるが、『古事記』では別天神(ことあまつかみ)五柱のなかの一神として重視されている。岐美(きみ)(伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと))二神への命令者として必要だったのであろう。[守屋俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

天常立神の関連キーワード日本神話の神々伊邪那美命別天つ神国常立尊

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android