コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天正通宝 てんしょうつうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天正通宝
てんしょうつうほう

銭貨の一種。天正 15 (1587) 年豊臣秀吉が銀,銅でそれぞれ鋳造した。銀銭は径7分5厘強,銅銭は径8分。天正年間 (73~92) に鋳ったので天正通宝の名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

天正通宝の関連キーワード銭貨

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android