天沼恒庵(読み)あまぬま こうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「天沼恒庵」の解説

天沼恒庵 あまぬま-こうあん

1744*-1794 江戸時代中期の儒者。
寛保(かんぽう)3年12月12日生まれ。書を伊藤華岡(かこう)に,経学を三浦瓶山(へいざん)に,詩を宮瀬竜門にまなぶ。宝暦13年華岡の養子となり,幕府徒組(かちぐみ)にはいる。まもなく辞職して武蔵(むさし)川越(埼玉県)で塾をひらく。寛政6年死去。52歳。文化7年(1810)68歳で死去とも。江戸出身。は一時伊藤。名は有美,爵。字(あざな)は子済,履仁,楽善。通称は千蔵。著作に「大東紀略」「論語説約」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android