コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天沼恒庵 あまぬま こうあん

1件 の用語解説(天沼恒庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天沼恒庵 あまぬま-こうあん

1744*-1794 江戸時代中期の儒者。
寛保(かんぽう)3年12月12日生まれ。書を伊藤華岡(かこう)に,経学を三浦瓶山(へいざん)に,詩を宮瀬竜門にまなぶ。宝暦13年華岡の養子となり,幕府の徒組(かちぐみ)にはいる。まもなく辞職して武蔵(むさし)川越(埼玉県)で塾をひらく。寛政6年死去。52歳。文化7年(1810)68歳で死去とも。江戸出身。姓は一時伊藤。名は有美,爵。字(あざな)は子済,履仁,楽善。通称は千蔵。著作に「大東紀略」「論語説約」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

天沼恒庵の関連キーワード飯田雲台入江正雄滕元鳳土肥鹿鳴丹羽雲気林鳳池二山遊翁山田静斎山本順天横山儋人

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone