コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮瀬竜門 みやせ りゅうもん

3件 の用語解説(宮瀬竜門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮瀬竜門 みやせ-りゅうもん

1720*-1771 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)4年12月10日生まれ。生家は代々の紀伊(きい)和歌山藩医。わけあって除籍され,江戸で服部南郭(なんかく)にまなぶ。文章にすぐれ,南郭,大内熊耳(ゆうじ)につぐと評された。遠祖にちなみ,劉(りゅう)氏も称した。明和8年1月4日死去。53歳。名は維翰。字(あざな)は文翼。通称は三右衛門。著作に「竜門先生文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宮瀬竜門

没年:明和8.1.4(1771.2.18)
生年:享保4.12.10(1720.1.19)
江戸時代中期の漢詩人。紀州(和歌山県)の人。名は維翰,字は文翼,通称は三右衛門。竜門は号。祖が後漢・献帝の孫志賀穴大村王から出たとして,劉氏を称す。宮瀬家は代々和歌山藩医であったが,竜門に至って除籍された。学問は,徂徠学に私淑していた上野海門に師事,のちに江戸に出て服部南郭門に入る。だが,しばらくして門人たちに疎まれ,門を退く。その後,文章家としての名声を得,同じ古文辞学派でありながら,南郭門とは趣を異にする風を築き,反徂徠学に向かう次の世代の呼び水的存在となった。<著作>『竜門先生文集』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みやせりゅうもん【宮瀬竜門】

1719~1771) 江戸中期の儒者・漢詩人。紀州の人。名は維翰、字あざなは文翼、竜門は号。漢族の末裔として劉姓を称した。江戸に出て古文辞学を修め、六如らを教えた。著「竜門先生文集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮瀬竜門の関連キーワード垣内熊岳福田古道人扶桑集篠本越南菅谷帰雲鈴木始卿谷麓谷原田霞裳益田鶴楼三縄桂林

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone