コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮瀬竜門 みやせ りゅうもん

3件 の用語解説(宮瀬竜門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮瀬竜門 みやせ-りゅうもん

1720*-1771 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)4年12月10日生まれ。生家は代々の紀伊(きい)和歌山藩医。わけあって除籍され,江戸で服部南郭(なんかく)にまなぶ。文章にすぐれ,南郭,大内熊耳(ゆうじ)につぐと評された。遠祖にちなみ,劉(りゅう)氏も称した。明和8年1月4日死去。53歳。名は維翰。字(あざな)は文翼。通称は三右衛門。著作に「竜門先生文集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮瀬竜門

没年:明和8.1.4(1771.2.18)
生年:享保4.12.10(1720.1.19)
江戸時代中期の漢詩人。紀州(和歌山県)の人。名は維翰,字は文翼,通称は三右衛門。竜門は号。祖が後漢・献帝の孫志賀穴大村王から出たとして,劉氏を称す。宮瀬家は代々和歌山藩医であったが,竜門に至って除籍された。学問は,徂徠学に私淑していた上野海門に師事,のちに江戸に出て服部南郭門に入る。だが,しばらくして門人たちに疎まれ,門を退く。その後,文章家としての名声を得,同じ古文辞学派でありながら,南郭門とは趣を異にする風を築き,反徂徠学に向かう次の世代の呼び水的存在となった。<著作>『竜門先生文集』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

みやせりゅうもん【宮瀬竜門】

1719~1771) 江戸中期の儒者・漢詩人。紀州の人。名は維翰、字あざなは文翼、竜門は号。漢族の末裔として劉姓を称した。江戸に出て古文辞学を修め、六如らを教えた。著「竜門先生文集」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

宮瀬竜門の関連キーワードお蔭参り山岡浚明宮瀬竜門バロック音楽自伝自伝文学明和の大津波明和八重山地震津波赤川池の藻屑

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone