コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天理図書館 てんりとしょかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天理図書館
てんりとしょかん

1925年天理教会の総合図書館として天理図書館と命名され,26年天理外国語学校内に開館。現在は天理市杣之内町にある天理大学の構内に設置されている。東西交渉史料,キリシタン関係史料に富み,世界的に著名な図書館である。上記のほかに,伊藤仁斎の京都堀川の古義堂に伝襲されていた古本,稿本 7500冊を収めた古義堂文庫,京都吉田神社伝世の鎌倉-江戸期の文献の吉田文庫,アフリカ文献の戸定文庫,俳書の綿屋文庫など特色ある文庫が多い。キリシタン文献はよろづよ文庫として収蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

天理図書館の関連キーワード伊藤仁斎宅〈古義堂〉跡ならびに書庫ぎや・ど・ぺかどる天理ギャラリー原田アントニオ有明のわかれキリシタン版杉浦 正一郎九条家文書天理(市)中山 正善メルカトル中村 幸彦杉浦正一郎戯言養気集類聚名義抄竹馬狂吟集反町 茂雄川西 和露守武千句井原西鶴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天理図書館の関連情報