天眼鏡(読み)テンガンキョウ

大辞林 第三版の解説

てんがんきょう【天眼鏡】

人相見・手相見などの使う柄のついた大形の凸レンズ。
望遠鏡の古名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる