コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天知俊一 アマチシュンイチ

デジタル大辞泉の解説

あまち‐しゅんいち【天知俊一】

[1903~1976]野球選手・審判員・監督兵庫の生まれ。明大野球部で活躍。卒業後、東京六大学専属審判員となる。昭和24年(1949)中日の監督に就任。昭和29年(1954)にはチームを初の日本一に導いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天知俊一 あまち-しゅんいち

1903-1976 昭和時代の野球選手,プロ野球監督。
明治36年12月20日生まれ。明大で捕手として湯浅禎夫(よしお)とバッテリーをくむ。昭和2年大毎野球団に入団。4年東京六大学専属審判員。24年中日の監督となり,杉下茂らの活躍で29年日本シリーズを制覇した。45年野球殿堂入り。昭和51年3月12日死去。72歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

天知俊一の関連キーワード12月30日昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android