コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天童荒太 テンドウアラタ

2件 の用語解説(天童荒太の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんどう‐あらた【天童荒太】

[1960~ ]小説家。愛媛の生まれ。本名、栗田教行。映画の原作などを手がけたのち、作家活動に入る。「悼む人」で直木賞受賞。他に「永遠の仔(こ)」「包帯クラブ」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天童荒太 てんどう-あらた

1960- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和35年5月8日生まれ。昭和61年「白の家族」で野性時代新人文学賞。のち映画の脚本を手がけるが,平成5年「孤独の歌声」が日本推理サスペンス大賞優秀作となり,小説に専念する。現代の家族の病理をミステリー仕立てでかきつづけ,8年「家族狩り」で山本周五郎賞,12年「永遠の仔(こ)」で日本推理作家協会賞。21年「悼む人」で直木賞。25年「歓喜の仔」で毎日出版文化賞。愛媛県出身。明大卒。本名は栗田教行。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天童荒太の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天童荒太の関連情報