天網恢恢疎にして漏らさず(読み)てんもうかいかいそにしてもらさず

精選版 日本国語大辞典の解説

てんもう【天網】 恢恢(かいかい)(そ)にして漏(も)らさず

(「老子‐七三」の「天網恢恢、疏而不失」による) 天の網はひろく、その目はあらいようだが、悪人を漏らすことなく捕える。すなわち、天道は厳正で、悪事をなしたものは早晩必ず天罰を受ける。
※足利本論語抄(16C)季氏第一六「天網はあられれともかからぬやうにと油断せぬなり 天網恢々䟽にして不漏と云也」 〔魏書‐景穆一二王伝・任城王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

天網(てんもう)恢恢(かいかい)疎(そ)にして漏(も)らさず

《「老子」73章から》天の張るは、広くて一見目が粗いようであるが、悪人網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典の解説

天網恢恢疎にして漏らさず

天の網はひろく、その目はあらいようだが、悪人を漏らすことなく捕らえる。天道は厳正で、悪事をなしたものは早晩必ず天罰を受ける。

[使用例] 「坊っちゃんこの通りです。天網恢々疎にして漏らさず」と差し付けるを見ると[永井荷風*狐|1909]

[解説] 「老子―七三」に「天網恢恢、疎にして失わず」とあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android