天網恢恢疎にして漏らさず(読み)テンモウカイカイソニシテモラサズ

デジタル大辞泉の解説

天網(てんもう)恢恢(かいかい)疎(そ)にして漏(も)らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんもうかいかいそにしてもらさず【天網恢恢疎にして漏らさず】

〔老子「天網恢恢、疎而不失」〕
天網は目があらいようだが、悪人を漏らさず捕らえる。天道は厳正で悪事をはたらいた者には必ずその報いがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんもう【天網】 恢恢(かいかい)(そ)にして漏(も)らさず

(「老子‐七三」の「天網恢恢、疏而不失」による) 天の網はひろく、その目はあらいようだが、悪人を漏らすことなく捕える。すなわち、天道は厳正で、悪事をなしたものは早晩必ず天罰を受ける。
※足利本論語抄(16C)季氏第一六「天網はあられれともかからぬやうにと油断せぬなり 天網恢々䟽にして不漏と云也」 〔魏書‐景穆一二王伝・任城王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android