天網恢恢疎にして漏らさず(読み)テンモウカイカイソニシテモラサズ

デジタル大辞泉の解説

天網(てんもう)恢恢(かいかい)疎(そ)にして漏(も)らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんもうかいかいそにしてもらさず【天網恢恢疎にして漏らさず】

〔老子「天網恢恢、疎而不失」〕
天網は目があらいようだが、悪人を漏らさず捕らえる。天道は厳正で悪事をはたらいた者には必ずその報いがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android