コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天網 テンモウ

デジタル大辞泉の解説

てん‐もう〔‐マウ〕【天網】

悪人や悪事をのがさないように、天が張りめぐらした

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんもう【天網】

天が張りめぐらした網。悪事に対して天道の厳正なことを網にたとえた語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天網の関連キーワード天網恢恢疎にして漏らさず吉田 栄三(2代目)中村 霞仙(1代目)市川 市蔵(4代目)桐竹 亀松(4代目)中村 霞仙(初代)桐竹亀松(4代)実川延若(初代)探す・捜す・涼す河原崎 しづ江近松門左衛門墓成島 東一郎近松門左衛門時雨の炬燵野々村 潔愛想づかし紙屋治兵衛中村鴈治郎小松 方正西崎 英雄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天網の関連情報