太上(読み)タイジョウ

大辞林 第三版の解説

たいじょう【太上】

最もすぐれた物や人。至上。最上。
天子。至尊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐じょう ‥ジャウ【太上】

〘名〙
① 最もすぐれたもの。至上のもの。きわめてよいもの。最良。
※談義本・世間万病回春(1771)四「大上好生の心を心として仁恕博愛を徳とする仁術を学ぶ医生として」 〔大戴礼‐曾子立事〕
② 天子の尊称。
※康富記‐文安五年(1448)二月二二日「尊号為太上天皇者〈略〉太上至尊号也」 〔荀子‐君子〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の太上の言及

【上皇】より

…譲位した天皇の称。太上天皇の略。譲位は645年(大化1)皇極天皇が孝徳天皇に皇位を譲ったのに始まり,新帝は姉の皇極に皇祖母尊(すめみおやのみこと)の尊称をたてまつったが,大宝令において〈譲位の帝〉の尊称を太上天皇と定めた。…

※「太上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太上の関連情報