コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田天神山古墳 おおたてんじんやまこふん

百科事典マイペディアの解説

太田天神山古墳【おおたてんじんやまこふん】

群馬県太田市にある,5世紀中期〜後半ころの築造と推定される前方後円墳で,国の史跡。二重の堀に囲まれており,後円部の直径120m,前方部の前幅126m,全長210mは規模の大きな古墳が点在する群馬県にあっても目立つ存在で,東日本では最大規模を誇る。
→関連項目毛野

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田天神山古墳
おおたてんじんやまこふん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太田天神山古墳の言及

【天神山古墳】より

…古墳の年代は4世紀後半であり,関東地方の代表的な前期古墳として特筆しうる。
【太田天神山古墳】
 群馬県太田市内ヶ島にある前方後円墳。群馬県東部の利根川北方の平野中に南西面して築かれ,全長210m,後円部径120m,前方部幅126mを測る。…

※「太田天神山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太田天神山古墳の関連キーワード群馬県太田市内ケ島町群馬(県)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android