コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天神山古墳 てんじんやまこふん

4件 の用語解説(天神山古墳の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

天神山古墳

 防府天満宮[ほうふてんまんぐう]の鐘楼台付近にあったと言われる古墳です。古墳は残っていませんが、内部から見つかったと言われる品々が天満宮に保管されています。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てんじんやまこふん【天神山古墳】


柳本天神山古墳
 奈良県天理市柳本町に所在する前方後円墳柳本古墳群中にあり,崇神陵の西に南面して築かれる。1960年に末永雅雄らによって発掘された。西側は半壊していたが,全長113m,後円部径55m,前方部復原幅50mを測る。葺石(ふきいし),埴輪を欠くという。古墳の主軸に沿って,後円部に竪穴式石室が営まれ,6.1m×4.1mを測る。石室内にヒノキ製の木棺がよく遺存し,棺中央部を仕切板で区画した施設が発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

てんじんやまこふん【天神山古墳】


群馬県太田市内ヶ島町にある東日本最大の前方後円墳。太田駅東方約1kmの平地に所在し、男体山ともいわれており、この地域における古墳の特徴をよく伝えていることから、1941年(昭和16)に国の史跡に指定された。墳丘の長さは210mで東日本では最大規模を誇り、後円部径120m、前方部幅126m、高さは後円部が内濠部の水田面から16.8m、前方部は約12m。墳丘の周りには2重に堀がめぐらされ、北東には天神山古墳に付属する小古墳(陪塚(ばいちょう))も造られており、江戸時代には棺(ひつぎ)として使われた大型の長持ち形石棺が発見された。これまでに確認された埴輪(はにわ)には、家形埴輪のほか、楯や水鳥(白鳥)形のものがあり、埴輪は墳丘上のほか、中堤帯の一部にも円筒埴輪が立てられていたことが判明した。古墳に埋葬された人は、畿内(きない)の大和政権と強いつながりをもっていた毛野(けぬ)国の大首長と考えられている。東武鉄道伊勢崎線ほか太田駅から徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天神山古墳
てんじんやまこふん

(1)太田天神山古墳 群馬県太田市内ヶ島にある。平地につくられた全長210メートルの東日本最大の前方後円墳。盾形二重の濠(ほり)を巡らす。県・市が計3回にわたって周濠(しゅうごう)部の調査を行っている。墳丘には川原石使用の葺石(ふきいし)を施し、円筒埴輪(はにわ)のほかに器財形埴輪を樹立する。後円部中腹に、江戸時代以前に盗掘された凝灰質砂岩製の縄掛(なわかけ)突起を有する長持形石棺(ながもちがたせっかん)底石棺材が遺存する。近くに数基の陪塚(ばいづか)のほか、同一主軸をとって同工の円筒埴輪を有する帆立貝(ほたてがい)式古墳の女体山(にょたいざん)古墳が存在する。5世紀中葉の古墳。国指定史跡。
(2)前橋天神山古墳 群馬県前橋市後閑(ごかん)町字坊山に所在する。広瀬川右岸の段丘上に築造された全長129メートルの前方後円墳。葺石と周濠をもつ。1968年(昭和43)の団地造成時に市が調査し、後円部に北頭位の長大な粘土槨(かく)を確認した。奈良桜井茶臼山(ちゃうすやま)古墳、宮崎持田48号古墳などの鏡と同笵(どうはん)関係にある三角縁神獣鏡をはじめとする5面の鏡と、銅鏃(どうぞく)、鉄鏃、刀剣類、靫(ゆぎ)などの武器・武具、鉄斧(てっぷ)・鑿(のみ)(やりがんな)・刀子(とうす)などの工具類、紡錘車形石製品などが出土した。後円部墳頂には焼成前に底部を穿孔(せんこう)した丹(に)塗りの壺(つぼ)形土器、高坏(たかつき)、小型丸底坩(かん)、器台が存在した。4世紀後葉の関東における畿内(きない)的色彩の強い前期古墳。現在、後円部の一部を残すのみである。副葬品類は国指定重要文化財。
(3)大和(やまと)天神山古墳 奈良県天理市柳本町天神にある。柳本天神山古墳ともいう。山麓(さんろく)に立地する全長113メートルの前方後円墳。崇神(すじん)陵古墳の陪塚的位置にある。1960年(昭和35)橿原(かしはら)考古学研究所が発掘し、後円部に木櫃(もくひつ)を納めた竪穴(たてあな)式石室を検出した。木櫃内外から後漢(ごかん)の方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)6面を主体とする23面の鏡をはじめ、鉄剣、直刀、鉄鏃、鉄斧、(やりがんな)、鉄鎌(てつがま)などと約41キログラムの水銀朱が出土した。特異な主体部構造、人体埋葬を伴わないとされること、水銀朱の大量出土、副葬鏡に三角縁神獣鏡を含まず、大半が中国鏡であることなど、隣接する崇神陵古墳との関係で注目すべき点が多い前期古墳である。[橋本博文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天神山古墳の言及

【石枕】より

…4世紀後葉から6世紀前半にかけて存続する。なお,この種の石枕には,岡山県備前市新庄天神山古墳出土品のような秀作もある。以上2種のほかに,石棺の底部内面や横穴の床面を彫りくぼめた作りつけ石枕,自然石を組み合わせた石枕がある。…

※「天神山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天神山古墳の関連キーワード群馬県太田市内ケ島町群馬県太田市大島町群馬県太田市尾島町群馬県太田市上田島町群馬県太田市下田島町群馬県太田市新島町群馬県太田市西矢島町群馬県太田市備前島町群馬県太田市前島町群馬県太田市武蔵島町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天神山古墳の関連情報