コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田桃先 おおた とうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田桃先 おおた-とうせん

1678-1725 江戸時代中期の俳人。
延宝6年生まれ。太田白雪の長男。元禄(げんろく)4年松尾芭蕉(ばしょう)が白雪の家に滞在したとき,芭蕉から桃先の号をもらった。12年蕉門の連句発句をあつめ,雪丸共編で「茶のさうし」を刊行した。享保(きょうほう)10年2月10日死去。48歳。三河(愛知県)出身。名は重英。幼名は新四郎。通称は金左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田桃先の関連キーワードサブレ夫人ゴドフレーハレーホーホストラーテンラ・ロシュフコーフランス史(年表)カフィエリ[一族]永秀女王サロン(文化)マレー(Marin Marais)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android