コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田白雪 おおた はくせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田白雪 おおた-はくせつ

1661-1735 江戸時代前期-中期の俳人。
万治(まんじ)4年3月5日生まれ。三河(愛知県)新城の富商で,庄屋。松尾芭蕉門人。各務(かがみ)支考,高島轍士(てつし)らと親交があった。郷土史や百人一首の研究につとめた。享保(きょうほう)20年6月7日死去。75歳。名は長孝。通称は金左衛門。別号に密雲峰,有髪散人,周白雪。編著に「誹諧(はいかい)曾我」「三河小町」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおたはくせつ【太田白雪】

1661~1735) 江戸中期の俳人。大田とも。名は金左衛門長孝。三河国新城の商人。芭蕉門。後年は古典・郷土史を研究。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

太田白雪の関連キーワード新城(市)太田桃先万治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android