太田県立自然公園(読み)おおたけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太田県立自然公園
おおたけんりつしぜんこうえん

茨城県北部,常陸太田市にある公園。面積 28.09km2。 1951年指定。西山荘を中心とする。西山荘は水戸藩2代藩主徳川光圀が隠居して晩年をおくり,『大日本史』の編纂にあたったところで,閑静で質素な山荘。近くの瑞竜山には水戸藩主代々の墓地がある。梵天山古墳群,佐竹寺本堂など旧跡が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android