常陸太田市(読み)ひたちおおた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常陸太田〔市〕
ひたちおおた

茨城県北部,久慈川の支流里川,山田川流域に広がる市。南北に細長い市域の中央を久慈山地が走る。1954年佐都村,誉田村,機初村,西小沢村,佐竹村,幸久村の 6村を編入,太田町を改称して市制。1955年世矢村と河内村の一部を編入。2004年金砂郷町,水府村,里美村を編入。中心市街地は奈良時代末期,太田荒大夫が城を築き,以後佐竹氏舞鶴城と名づけて居城。江戸時代には里川の谷口集落として水戸以北,福島県にまで商圏を広げて発展。耕地の過半を水田が占める。ソバ,コンニャクなどもつくられ,金砂郷,水府は水府タバコの産地。徳川光圀隠棲の西山荘,水戸徳川家の別荘天竜院,瑞竜山,佐竹寺 (本堂は国指定重要文化財) ,都々逸坊扇歌の碑などがある。里美に横川温泉がある。南部は太田県立自然公園高鈴県立自然公園に,北部は花園花貫県立自然公園にそれぞれ属する。JR水郡線,国道293号線,349号線が通る。面積 371.99km2。人口 5万2294(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常陸太田市の関連情報