コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田翠陰 おおた すいいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田翠陰 おおた-すいいん

1676-1754 江戸時代中期の儒者。
延宝4年8月23日生まれ。元禄(げんろく)7年から江戸で林鳳岡にまなび,荻生徂徠(おぎゅう-そらい)と親交をもった。16年出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩主の佐竹義処(よしずみ)にまねかれ,歴代藩主につかえた。宝暦4年2月16日死去。79歳。名は重厚,のち成章。字(あざな)は士達。通称は彦八郎,正五郎,治太夫など。著作に「群玉宝鑑」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田翠陰の関連キーワードランドスケープ大理石早野巴人アレクセイ・ミハイロビチゲーリケ光速度集義和書徳川家宣日知録納蘭性徳日次紀事

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone