コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田資正 おおた すけまさ

2件 の用語解説(太田資正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田資正 おおた-すけまさ

1522-1591 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)2年生まれ。太田資頼の子。太田道灌(どうかん)の曾孫。扇谷(おうぎがやつ)上杉氏の重臣。武蔵(むさし)岩槻(いわつき)城(埼玉県)城主となるが,永禄(えいろく)7年北条氏との戦いで城をうしなう。のち佐竹義重に属し,常陸(ひたち)片野城を拠点に武蔵奪回をはかった。天正(てんしょう)19年9月8日死去。70歳。号は道誉,三楽斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

太田資正

没年:天正19.9.8(1591.10.25)
生年:大永2(1522)
戦国・安土桃山時代の武将。道灌の孫資頼の次男。美濃守。入道して道誉,三楽斎と称した。天文15(1546)年の主家扇谷上杉氏滅亡後も北条氏に反抗。同年10月,病死した兄資時の跡を継いで武蔵岩槻城主となった。永禄4(1561)年,長尾景虎(上杉謙信)が北条氏を小田原城に攻めた際はその主力として活躍したが,同7年の第2次国府台の戦で敗れ,同年7月長子氏資が北条氏に帰属し,岩槻城を失う。このころ入道。のち次子梶原政景と共に佐竹義重に属し,常陸片野城に拠って武蔵奪回を窺う。天正18(1590)年には豊臣秀吉小田原攻めに参陣。生涯,北条氏に抵抗した扇谷上杉氏の遺臣。<参考文献>前島康彦『太田氏の研究』

(佐脇栄智)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太田資正の関連キーワード池田秀雄道恵文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代日本史塙団右衛門横目付内ケ島氏理

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太田資正の関連情報