コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失業の諸形態 しつぎょうのしょけいたいpatterns of unemployment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

失業の諸形態
しつぎょうのしょけいたい
patterns of unemployment

失業とは働く意志があるにもかかわらず就業できない状態をいう。しかし実際には失業の形態は一様でなく,その国の社会・経済構造でいろいろな形をとる場合が多い。最も典型的な失業は,働きたいが景気が悪くて職場がないという需要不足失業である。半面,マクロ的には労働需要があるが,地理的条件などで就業できない場合もある。これらは非需要不足失業である。さらに労働市場が硬直的であるために瞬時の労働移動ができない摩擦的失業,産業の構造変化に対応できない構造的失業などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone