コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奄智王 えんちおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奄智王 えんちおう

あんちおう

奄智王 あんちおう

?-784 奈良時代,鈴鹿(すずか)王の王子。
高市(たけちの)皇子の孫。天平宝字(てんぴょうほうじ)元年(757)豊野真人(とよののまひと)の氏姓をさずかる。藤原仲麻呂追討の功により従五位下。父の旧宅地が称徳天皇山陵とされたりして,昇進をかさね天応元年従四位下,摂津大夫(だいぶ)。光仁(こうにん)天皇葬送の御装束司をつとめ,のち中務大輔(なかつかさのたいふ)。延暦(えんりゃく)3年6月5日死去。名は「えんちおう」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奄智王の関連キーワード奈良時代豊野奄智

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android