コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈須恒徳 なす つねのり

1件 の用語解説(奈須恒徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈須恒徳 なす-つねのり

1774-1841 江戸時代後期の医師。
安永3年生まれ。幕府医官奈須恒隆の養子。多紀元徳にまなび,のち曲直瀬(まなせ)正盛の学説を研究。また日本の古医書の研究をすすめ,「捧心方」「大同類聚方」「万安方」など室町時代以前の医書の校訂をおこなった。天保(てんぽう)12年1月28日死去。68歳。江戸出身。本姓は田沢。字(あざな)は士常。通称は玄盅。号は柳村。著作に「本朝医談」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

奈須恒徳の関連キーワード三角了敬阿部古仙恵美玄覧神戸習悦佐藤圭陰佐野宏沢田玄良百々俊道三輪東朔守矢祥庵

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone