コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈須恒徳 なす つねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈須恒徳 なす-つねのり

1774-1841 江戸時代後期の医師。
安永3年生まれ。幕府医官奈須恒隆の養子。多紀元徳にまなび,のち曲直瀬(まなせ)正盛の学説を研究。また日本の古医書の研究をすすめ,「捧心方」「大同類聚方」「万安方」など室町時代以前の医書の校訂をおこなった。天保(てんぽう)12年1月28日死去。68歳。江戸出身。本姓田沢。字(あざな)は士常。通称は玄盅。号は柳村。著作に「本朝医談」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奈須恒徳の関連キーワード元素発見史(年表)ルイルイゲーテマサチューセッツワシントン(George Washington)総合年表(アメリカ)天保の改革キュチュク・カイナルジャ条約福永十三郎

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android