奔逸(読み)ホンイツ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐いつ【奔逸】

[名](スル)
非常に速く走ること。また、走りのがれること。
「馬車左右より―して」〈中井弘・航海新説〉
思いのままに行動すること。
「俗勢の―を止むるに在るのみ」〈福沢福翁百話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんいつ【奔逸】

( 名 ) スル
走り逃げること。また非常に早く走ること。 「 -する馬車」
自由気ままに行動をすること。 「観念-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐いつ【奔逸】

〘名〙
① かけはしること。非常にはやく走ること。また、はしりにげること。逸走。
※台記‐仁平二年(1152)二月二六日「鹿毛駮奔逸、満月不之」 〔白居易‐六年春贈分司東都諸公詩〕
② 思いのままにはしること。気ままに行動すること。
※南郭先生文集‐初編(1727)一〇・報守秀緯「辱賜書、一開緘、則意気奔逸、忽乎不止」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android