コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥劣斎 おくれっさい

3件 の用語解説(奥劣斎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥劣斎
おくれっさい

[生]安永9(1780)
[没]天保6(1835)
江戸時代後期の産科医。山脇東門に内科を,賀川子啓に産科を学ぶ。婦人生殖器の解剖をよく行い,それに基づいて賀川流産術を改良し,発展させた。『女科随剳』などの著書がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥劣斎 おく-れっさい

1780-1835 江戸時代後期の医師。
安永9年5月28日生まれ。産科を賀川玄悦の門にまなぶ。漢方・蘭方に通じて産科の医術にすぐれ,尿閉をカテーテルをつかって治療した。法眼。天保(てんぽう)6年9月4日死去。56歳。京都出身。名は之基。字(あざな)は子譲。通称は道逸。著作に「産科手術秘録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奥劣斎

没年:天保6.9.4(1835.10.25)
生年:安永9.5.28(1780.6.30)
江戸後期の産科医。姓は源,名は之基,字は子譲,劣斎は号,通称は道逸。山城国(京都府)八幡生まれ。父道栄は内科医。京都に出て山脇東門に内科を学び,3代賀川玄悦に産科を学んだ。文政7(1824)年法橋,文政12年准三后の産後尿閉をカテーテルで治した功により法眼に叙せられた。名声を慕い,門人は1000人に達したという。劣斎の発明のうち,発啼術(新生児蘇生法),双全術(足位回転術)が有名である。『産論校註』『達生園産科外術秘録』などの著書があり,ガレノス,ヒポクラテスらを引用し,漢蘭折衷派とされる。嫡男の之紀が,劣斎を継ぐ。<参考文献>緒方正清『日本産科学史』

(石原力)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥劣斎の関連キーワード関明霞高橋波藍中院通繋渡辺松臺松本龍澤岳鳳伊星双缶斎藤抱山岸田青城産科医

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone