コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥只見 おくただみ

1件 の用語解説(奥只見の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おくただみ【奥只見】

新潟・福島県境を流れる只見川上流の地域名。主として新潟県における呼称で,福島県では奥会津という。越後三山平ヶ岳など標高2000m級の山々に囲まれた田子倉ダムより上流の地域を指す。この地域は急峻な山地と狭い谷底平野からなり,日本有数の豪雪地帯でもある。近世初期,北ノ又川沿いの銀山平付近で,高田藩によって上田・白峰銀山が開発され,戸数1000余の鉱山町が栄えたこともあった。銀山閉鎖後,出作り集落,開拓村もつくられたが,1953年から始まった国土総合開発法に基づく奥只見電源工事により,田子倉ダム奥只見ダムが造られ,それらの大半が水没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥只見の関連情報