コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平小太郎 おくだいら こたろう

1件 の用語解説(奥平小太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平小太郎 おくだいら-こたろう

1834-1860 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年8月15日生まれ。丹波亀山藩(京都府)藩士。京都で梁川星巌(やながわ-せいがん)に,のち昌平黌(しょうへいこう)でまなび,水戸で高橋多一郎ら尊王家とまじわる。帰藩後,安政の大獄で捕らえられ,万延元年閏(うるう)3月20日獄中で病死。27歳。名は穆(ぼく)。著作に「南冠集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥平小太郎の関連キーワード万延葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑入江文郎大蔵永常黒田長溥前原一誠

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone