奥平昌章(読み)おくだいら まさあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平昌章 おくだいら-まさあきら

1668-1695 江戸時代前期の大名。
寛文8年3月24日生まれ。肥前福江藩(長崎県)藩主五島盛勝の次男。奥平昌能(まさよし)の養子となり,寛文12年5歳で出羽(でわ)山形藩主奥平家2代をつぐ。貞享(じょうきょう)2年転封(てんぽう)となり,下野(しもつけ)宇都宮藩主奥平家第2次初代。9万石。元禄(げんろく)8年4月8日死去。28歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

奥平昌章 (おくだいらまさあきら)

生年月日:1668年3月24日
江戸時代前期;中期の大名
1695年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android