コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平昌章 おくだいら まさあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平昌章 おくだいら-まさあきら

1668-1695 江戸時代前期の大名。
寛文8年3月24日生まれ。肥前福江藩(長崎県)藩主五島盛勝の次男。奥平昌能(まさよし)の養子となり,寛文12年5歳で出羽(でわ)山形藩主奥平家2代をつぐ。貞享(じょうきょう)2年転封(てんぽう)となり,下野(しもつけ)宇都宮藩主奥平家第2次初代。9万石。元禄(げんろく)8年4月8日死去。28歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥平昌章の関連キーワードオニビシ吉原(遊廓)ヘーム家ロック(年譜)安保理決議1695と1718カンプハイス桃林堂蝶麿逸然元政守銭奴

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone