コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平昌能 おくだいら まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平昌能 おくだいら-まさよし

1633-1672 江戸時代前期の大名。
寛永10年7月21日生まれ。奥平忠昌(ただまさ)の長男。寛文8年下野(しもつけ)宇都宮藩主奥平家第1次3代となる。殉死禁止令に反して家臣杉浦兵衛が忠昌のあとをおい殉死したこと,また二七忌法要でおきた刃傷沙汰(にんじょうざた)の処理の不手際をとがめられ,同年11万石から9万石に減じられ出羽(でわ)山形へ移封された。寛文12年7月2日死去。40歳。通称は九八郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥平昌能の関連キーワード松平乗邑奥平昌章山形藩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android