コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村蒙窩 おくむら もうか

1件 の用語解説(奥村蒙窩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村蒙窩 おくむら-もうか

1627-1687 江戸時代前期の武士,儒者。
寛永4年11月7日生まれ。加賀金沢藩の重臣。寛永20年祖父易英(やすひで)の跡をつぐ。藩主前田光高・綱紀につかえ承応(じょうおう)元年家老,のち大年寄。朱子学をまなび,朱舜水(しゅ-しゅんすい),林鳳岡(ほうこう),木下順庵に師事した。貞享(じょうきょう)4年6月8日死去。61歳。名は庸礼(やすひろ)。字(あざな)は師倹。通称は壱岐。著作に「読書抜尤録」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥村蒙窩の関連キーワード内藤ジュリアヌイツ松下重綱岡上景能岡清兵衛10進法紫衣事件伊藤仁斎オーロックス魏忠賢

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone