コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱舜水 しゅ しゅんすい

美術人名辞典の解説

朱舜水

明朝の遺臣、江戸前期の儒者浙江省余姚の人。名は之瑜、字は魯嶼、楚嶼、謚は文恭。明末清初の変乱に際し、明朝の復興をはかり四度来日。国姓爺鄭成功と相談し援兵を求めたが成就しなかった。万治2年帰化。後、徳川光圀に招かれ賓師となり、水戸学派成立に大きな影響を与えた。その学徳を敬慕した光圀により私謚されている。天和2年(1682)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しゅんすい【朱舜水】

[1600~1682]中国、初の儒学者。余姚(よよう)(浙江省)の人。名は之瑜(しゆ)。字(あざな)は魯璵(ろよ)。明王朝復興運動に従ったが失敗。1659年日本に亡命・帰化。徳川光圀(とくがわみつくに)に招かれ、水戸学に大きな影響を与えた。著「朱舜水先生文集」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

朱舜水【しゅしゅんすい】

江戸前期に日本に帰化した明の儒者。名は之瑜(しゆ)。明の福王にしばしば召されたが仕えず,明滅亡後は外国の援助で明の復興を志したが果さなかった。1659年日本に帰化。
→関連項目安積澹泊

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朱舜水 しゅ-しゅんすい

1600-1682 明(みん)(中国)の儒者。
万暦28年10月12日生まれ。明の再興運動に失敗し,万治(まんじ)2年(1659)長崎に亡命。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩の儒者安東省庵(せいあん)のもとに身をよせる。のち水戸藩主徳川光圀(みつくに)にまねかれ,水戸学に影響をあたえた。門下に安積澹泊(あさか-たんぱく),木下順庵ら。天和(てんな)2年4月17日死去。83歳。浙江(せっこう)省出身。名は之瑜(しゆ)。字(あざな)は魯璵(ろよ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅしゅんすい【朱舜水】

1600‐82(慶長5‐天和2)
江戸前期に明から日本へ帰化した儒者。名は之瑜(しゆ),字は魯璵(ろよ),号は舜水。浙江省余姚の人。明朝の再興に尽力したが成功せず,1659年(万治2)に帰化。初め安東省庵に生活を助けられ,その後徳川光圀に招かれて厚遇され,水戸藩の学事に協力した。舜水の儒学思想は朱子学陽明学にとらわれず,実理・実学を重んじた。著書には《舜水先生文集》《朱徴君集》など,詩には《泊舟稿》がある。【石毛 忠】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅしゅんすい【朱舜水】

1600~1682) 中国、明の遺臣。名は之瑜しゆ。舜水は号。明の再興運動に失敗し、1659年日本に亡命。徳川光圀に招かれ、水戸学に影響を与えた。著「舜水先生文集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱舜水
しゅしゅんすい

朱之瑜」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朱舜水
しゅしゅんすい
(1600―1682)

江戸初期に明(みん)から渡来した儒学者。名は之瑜(しゆ)、字(あざな)は魯(ろよ)(楚(そよ)は誤り)、号の舜水は郷里の川の名からとった。中国浙江(せっこう)省餘姚(よよう)の士大夫の家に生まれ、明国に仕え、祖国滅亡の危機を救わんと、海外に渡って奔走、長崎にも数度きたり、七度目の1659年(万治2)長崎に流寓(るぐう)した。翌1660年柳川(やながわ)藩の儒者安東省庵(あんどうせいあん)(守約(もりなり))と会い、彼の知遇を受ける。水戸藩主徳川光圀(とくがわみつくに)が史臣小宅生順(おやけせいじゅん)(1638―1674)を長崎に遣わして、舜水を招こうとしたのはその数年後。初め応じなかったが、門人省庵の勧めもあり、招きに応じて水戸藩の江戸藩邸に至ったのは1665年(寛文5)7月、66歳のときである。以後水戸にも二度きているが、住居は江戸駒込(こまごめ)の水戸藩中屋敷(東京大学農学部敷地)に与えられ、天和(てんな)2年4月17日83歳で没するまで、光圀の賓師(ひんし)として待遇された。『大日本史』の編纂(へんさん)で有名な安積澹泊(あさかたんぱく)(名は覚)はその高弟。墓は光圀の特命によって水戸家の瑞竜山(ずいりゅうざん)墓地(常陸(ひたち)太田市)に儒式をもって建てられた。舜水が水戸藩の学問に重要な役割を果たしたことが知られる。舜水の学問は朱子学と陽明学の中間、実学とでもいうべきものである。その遺稿は光圀の命によって編纂された『朱舜水文集』(28巻)などに収められている。[瀬谷義彦]
『朱舜水記念会編『朱舜水』(1912・朱舜水記念会事務所) ▽稲葉君山編『朱舜水全集』(1912・文会堂書店) ▽小田岳夫著『桃花扇・朱舜水』(1971・新潮社) ▽木下英明著『文恭先生朱舜水』(1989・水戸史学会) ▽石原道博著『朱舜水』新装版(1989・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朱舜水の言及

【安東省庵】より

…青年時に京都に出て,松永尺五に朱子学を学び,のち柳川藩に儒官として仕えた。1655年(明暦1)明の朱舜水が長崎に渡来したとき,だれもかえりみなかったが,省庵のみはその学徳を知って師事し,自己の俸禄200石の半分を割いて舜水の生活を援助したことで知られる。儒者としての活動にとくに見るべきものはないが,漢詩文に関心が深く,その面で伊藤仁斎・東涯と交わり,作品が《搏桑名賢文集》(1698),《搏桑名賢詩集》(1704)に収録される。…

【後楽園】より


[小石川後楽園]
 水戸藩初代の徳川頼房が徳川家光から江戸中屋敷として与えられた地に1629年(寛永6)築造を始めた。2代光圀(みつくに)もこれを継承し,中国明の遺臣朱舜水の意見を用いて中国趣味を付け加え,市民にも観覧を許可した。中央に池があり,四方に築山を配して各地の名所にちなむ堂社や亭(ちん)を建てたが,その後1702年(元禄15)将軍綱吉の生母桂昌院の来園で歩行障害となる奇岩大石を取り除いたため,景趣は著しく減じ,翌年の江戸大地震でも損傷をこうむった。…

【サクラ(桜)】より

…すなわち,福岡藩儒医で,当時,日本最高の博物学者であった貝原益軒(1630‐1714)は,わざわざ長崎へ行き,中国から来た貿易商人に会って質問し,中国にサクラがないという情報を得,これをもとに叙上の記載をなしたのである。サクラが中国にないという新情報は,延宝年間(1673‐81)の日本知識人に強烈な衝撃を与えたらしく,もうひとり,同時代の百科全書的大学者である新井白石(1657‐1725)も,近世言語学の古典と仰がれる《東雅(とうが)》(生前未刊行,写本のみ流布)のなかに〈むかし朱舜水(しゆしゆんすい)に,ここの桜花の事を問ひしに,桜桃は此にいふサクラにあらず,唐山にしても,もし此にいふサクラにあらむには,梨花(りか)海棠(かいどう)の如き,数ふるにたらじと,我師也(わがしなりし)人は語りき〉と記述している。わが師なりし人とは木下順庵(1621‐98)をさし,朱舜水(1600‐82)とは長崎に亡命してきた明の儒者で,のちに帰化して水戸藩で古学的儀礼や農業実学などを講じた学者である。…

※「朱舜水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朱舜水の関連キーワード小石川後楽園五十川鶴皐大高坂芝山稲葉 岩吉今井魯斎奥村悳輝人見懋斎水戸光圀奥村蒙窩小宅処斎青山興道鶴田重定瑞竜山後楽園落雁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朱舜水の関連情報