コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥浩平 おく こうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥浩平 おく-こうへい

1943-1965 昭和時代後期の学生運動家。
昭和18年10月9日生まれ。高校在学中に六○年安保闘争に参加。昭和38年横浜市立大入学後,中核派として活動。40年椎名外相訪韓阻止闘争で負傷して入院,退院後の同年3月6日自殺。21歳。遺稿集に「青春の墓標」。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奥浩平の関連キーワードレジスタンス文学山本薩夫太平洋戦争ゴダール(Jean-Luc Godard)森一生宇宙開発史(年表)マキノ雅広加藤登紀子芥川賞黒澤明

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android