コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥浩平 おく こうへい

1件 の用語解説(奥浩平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥浩平 おく-こうへい

1943-1965 昭和時代後期の学生運動家。
昭和18年10月9日生まれ。高校在学中に六○年安保闘争に参加。昭和38年横浜市立大入学後,中核派として活動。40年椎名外相訪韓阻止闘争で負傷して入院,退院後の同年3月6日自殺。21歳。遺稿集に「青春の墓標」。東京出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥浩平の関連キーワード加藤登紀子芥川賞直木賞アニオン電着塗装育英制度大久保鷹池谷‐関彗星戦争文学中南米映画ロシア映画

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥浩平の関連情報