奥田孫太夫(読み)おくだ まごだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田孫太夫 おくだ-まごだゆう

1647-1703 江戸時代前期の武士。
正保(しょうほ)4年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士のひとり。馬廻役兼武具奉行をつとめる。江戸で堀部安兵衛とともに剣術を堀内正春にまなんだ。仇討ち後は細川家にあずけられ,元禄(げんろく)16年2月4日切腹。57歳。名は重盛。変名は西村清右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android