コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田貫昭 おくだ かんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田貫昭 おくだ-かんしょう

1846-1900 幕末-明治時代の僧。
弘化(こうか)3年3月16日生まれ。天台宗比叡山(ひえいざん)松林院の貫信について出家。明治7年京都護浄院の湛海の跡をつぐ。13年信濃(しなの)(長野県)善光寺大勧進副住職。23年東京浅草寺の寺主となり,大修理により復興につくした。明治33年10月2日死去。55歳。京都出身。号は菩提心院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥田貫昭の関連キーワード明治時代幕末貫昭弘化

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android