寺主(読み)ジシュ

大辞林 第三版の解説

じしゅ【寺主】

三綱さんごうの一。寺院内の庶務をつかさどる。寺院によっては「てらじゅ」とも。てらじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐しゅ【寺主】

〘名〙 三綱(さんごう)(=上座・寺主・都維那)の一つ。寺中の庶務、雑事をつかさどる僧。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「伊河留我寺地乎波、功徳分食分衣分寺主分四分為而」

てら‐じ【寺主】

〘名〙
① 諸大寺、定額寺(じょうがくじ)などの三綱(上座・寺主・都維那)の一つ。一寺の庶務・雑事をつかさどる僧。じしゅ。てらじゅ。
※梁塵秘抄(1179頃)二「法師博打の様(やう)かるは、地蔵よ加旃(かせん)二郎てらしとか」
② 寺銭を勘定し預かる人。てらくち。
※洒落本・卯地臭意(1783)「是も相応にゃア寺主(テラシ)があるはな」

てら‐じゅ【寺主】

〘名〙 「てらじ(寺主)①」のこと。仁和寺での訓み習わしで、延暦寺などでは「じしゅ」と訓む。
色葉字類抄(1177‐81)「寺主 テラシュ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寺主の言及

【三綱】より

…寺内の僧尼を統轄し,庶務を処理する僧職。上座(じようざ),寺主(じしゆ∥てらじゆ),都維那(つゆいな∥ついな)(維那)の3者で,所司ともいう。すでにインドや中国南北朝で寺院の統轄者として,上座または寺主,もしくは都維那が置かれた。…

【住職】より

…住職という呼称は,今日では宗派を問わず多く用いられているが,歴史的にみると,寺院最高位の僧職の呼称は時代により宗派により,またそれぞれの寺院によって,さまざまの異称や尊称がある。南都系や平安仏教系寺院では寺主(じしゆ),維那(いな),院家(いんけ),隠元(いんげん),浄土真宗や日蓮宗(法華宗)や時宗では上人(しようにん),禅宗では方丈,和尚,住持,長老(ちようろう)などの,住職をさす尊称がそれである。また,由緒ある大寺院ではその寺固有の歴史的呼称もある。…

【三綱】より

…寺内の僧尼を統轄し,庶務を処理する僧職。上座(じようざ),寺主(じしゆ∥てらじゆ),都維那(つゆいな∥ついな)(維那)の3者で,所司ともいう。すでにインドや中国南北朝で寺院の統轄者として,上座または寺主,もしくは都維那が置かれた。…

※「寺主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺主の関連情報