コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湛海 たんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湛海
たんかい

[生]寛永6(1629).2.1. 伊勢
[没]正徳6(1716).1.
江戸時代初期の律僧,仏像彫刻の名匠。宝山湛海律師。 18歳で剃髪,諸国遍歴ののち奈良,生駒山宝山寺を開く。不動明王像を中心に力強い信仰心に基づいた作風の造仏を行なった。宝山寺『五大明王像』 (1701) ,同『不動五尊像』 (09) ,唐招提寺『不動明王坐像』などの遺作がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんかい【湛海】

1629‐1716(寛永6‐享保1)
江戸初期の僧。彫刻をよくした。姓は山田。宝山律師とも称される。伊勢国に生まれ,18歳で出家,きびしい修行を続けながら諸国を巡り,のち役行者(えんのぎようじや)の足跡を慕って大和生駒山に入山,般若窟で苦行を続け,1678年(延宝6)同山中腹に宝山寺を中興した。彫刻家としては当時の沈滞しきった専門仏師たちとまったく異なり,熱烈な苦行と信仰から生まれる激しい気魄を感じさせ,とくに不動像のような忿怒(ふんぬ)形の作品が多く,宝山寺,法隆寺西円堂,唐招提寺の不動明王像などが名高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんかい【湛海】

1629~1716) 江戸中期の修験僧・仏師。伊勢の人。諸国を行脚したのち、生駒山の宝山寺を中興。不動明王・歓喜天かんぎてんを深く信仰、専門仏師と異なる力強い彫刻で「五大明王像」などの作を多く残す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湛海
たんかい
(1629―1716)

江戸前期の修行僧、彫刻家。伊勢(いせ)(三重県)の人。姓は山田、宝山律師とも称される。18歳で出家し、厳しい修行を続けながら諸国を回ったのち、大和(やまと)(奈良県)生駒(いこま)山に役行者(えんのぎょうじゃ)の足跡を慕って入山し、般若窟(はんにゃくつ)で苦行ののち、1678年(延宝6)宝山寺を中興した。若年より造仏を志し、弟子隆慶とともに、当時の沈滞しきった専門仏師たちとはまったく異なった、熱烈な信仰から生まれる激しい気迫を感じさせる作品を残している。とくに不動像のような忿怒形(ふんぬぎょう)の作品が多く、宝山寺の五大明王、不動五尊像、法隆寺西円(さいえん)堂および唐招提(とうしょうだい)寺の不動明王像などが有名である。[佐藤昭夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

湛海 (たんかい)

生年月日:1629年2月1日
江戸時代前期;中期の修験僧
1716年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の湛海の言及

【生駒聖天】より

…生駒山の中腹火丘の突起した岩峰の直下にある。役行者開基,弘法大師修行の所と伝えるが,江戸時代1678‐79年(延宝6‐7)湛海(たんかい)律師が入山するに及んで一大発展をみた。湛海は字名を宝山と号し,現,三重県津市の出身。…

※「湛海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湛海の関連キーワード宝山寺(奈良県)奥田貫昭生年月日鬼一法眼小林 剛生駒聖天清水隆慶中期

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android