奥野小四郎(読み)おくの こしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥野小四郎 おくの-こしろう

1857-1915 明治-大正時代の政治家。
安政4年7月生まれ。兵庫県洲本(すもと)町長,県会議員などをつとめ,洲本の道路,衛生設備の改修・改善に尽力し,淡路(あわじ)紡績を創設した。明治25年衆議院議員(当選2回,政友会)。のち北海道に移住し,帯広町長をつとめた。大正4年12月31日死去。59歳。淡路(兵庫県)出身。本姓富永

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android