コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奪情 ダツジョウ

デジタル大辞泉の解説

だつ‐じょう〔‐ジヤウ〕【奪情】

律令制で、喪に服している人に、役所のつとめにつくように命じること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の奪情の言及

【葬制】より

…服喪の期間がいちばん長いのは父母のための3年間であるが,その間,士大夫は公的な官職から退く。ただ国家に大事のあるときは,〈奪情〉といい,黒い麻布を首または胸につけて(墨絰(ぼくてつ))出仕した。3年喪の間には,13ヵ月の祭〈小祥〉,25ヵ月の祭〈大祥〉,27ヵ月の祭〈禫〉がある。…

※「奪情」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

奪情の関連キーワード奪情従職

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android