コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女学者 おんながくしゃLes Femmes savantes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女学者
おんながくしゃ
Les Femmes savantes

フランスの劇作家モリエールの韻文喜劇。5幕。 1672年3月 11日,パリのパレ=ロワイヤル座で初演。『才女気どり』 (1659) と同じく,当時ブルジョア階級にまで広がっていた女性の学問熱を風刺した作品。登場人物の巧みな性格の対比のなかに,学問という幻想にしがみつく人々のおかしさが緊密な構成と文体で描きだされている。商人クリザールとその次女アンリエットは,初めモリエール夫妻が演じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんながくしゃ【女学者 Les femmes savantes】

モリエール作,韻文5幕,1672年初演。作者最後の本格喜劇で,主題は女性の浅薄な学問流行を批判するもの。舞台はパリの豊かな町人クリザールの家。亭主を尻に敷く猛妻アルマンド,義妹ベリーズ,長女アルマンドは,家事を軽蔑し,文芸・哲学・科学に熱中するが,次女アンリエットだけは堅実な常識の持主で,衒学者(げんがくしや)で三文詩人を婿に押し付けようとする母親に負けず,相思の青年と幸福な結末を迎える。風俗を描く“画家”と呼ばれたモリエールにふさわしく,上層ブルジョアジーの婦人たちが興味の対象とした学問の上っ調子の流行という当時の社会現象を切り取って,これに風刺を加えた大作。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

女学者の関連キーワードベジャール一家森田無絃高階貴子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android