女王蜂(読み)じょおうばち

精選版 日本国語大辞典 「女王蜂」の意味・読み・例文・類語

じょおう‐ばち ヂョワウ‥【女王蜂】

〘名〙 社会生活を営むハチ集団の中で、産卵能力をもつ雌バチ。各群に一匹だけ存在し、雄バチ・働きバチより大きい。《季・春》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「女王蜂」の意味・読み・例文・類語

じょおう‐ばち〔ヂヨワウ‐〕【女王蜂】

ミツバチスズメバチなど社会生活を営むハチの群れの一成員で、産卵能力をもつ雌バチ。一般に体が大きく、ふつう一巣に1匹しかいない。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「女王蜂」の解説

女王蜂

1978年公開の日本映画監督脚本市川崑原作横溝正史による同名推理小説、脚本:日高真也、桂千穂、撮影:長谷川清。出演石坂浩二高峰三枝子司葉子岸恵子仲代達矢、萩尾みどり、中井貴恵ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android