女王蜂

精選版 日本国語大辞典「女王蜂」の解説

じょおう‐ばち ヂョワウ‥【女王蜂】

〘名〙 社会生活を営むハチ集団の中で、産卵能力をもつ雌バチ。各群に一匹だけ存在し、雄バチ・働きバチより大きい。《季・春》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「女王蜂」の解説

じょおう‐ばち〔ヂヨワウ‐〕【女王蜂】

ミツバチスズメバチなど社会生活を営むハチの群れの一成員で、産卵能力をもつ雌バチ。一般に体が大きく、ふつう一巣に1匹しかいない。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android