女男/妻夫(読み)メオ

デジタル大辞泉の解説

め‐お〔‐を〕【女男/夫】

女と男。また、妻と。めおとこ。
「―分れざるとき」〈神代紀・上〉

め‐おとこ〔‐をとこ〕【女男】

女と男。また、妻と夫。めおと。
「―になりにけり」〈宇治拾遺・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おんな‐おとこ をんなをとこ【女男】

〘名〙 男でありながら女のような、また、女でありながら男のような、性徴、特質をもつもの。おとこおんな。
※卍(1928‐30)〈谷崎潤一郎〉二一「そいから綿貫のこと『男女(をとこをんな)』やとか『女男(ヲンナヲトコ)』やとか云ふやうになったのんやさうですが」

め‐おとこ ‥をとこ【女男】

〘名〙 女と男。また、妻と夫。夫婦。めおと。
※栄花(1028‐92頃)衣の珠「あるはかなしき子に後れ、あるはめおとこのあはれに思におくれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android