女男(読み)メオ

  • おんなおとこ をんなをとこ
  • めお〔を〕
  • めおとこ ‥をとこ
  • めおとこ〔をとこ〕
  • 女▽男/▽妻▽夫

デジタル大辞泉の解説

女と男。また、妻と。めおとこ。
「―分れざるとき」〈神代紀・上〉
女と男。また、妻と夫。めおと。
「―になりにけり」〈宇治拾遺・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 男でありながら女のような、また、女でありながら男のような、性徴、特質をもつもの。おとこおんな。
※卍(1928‐30)〈谷崎潤一郎〉二一「そいから綿貫のこと『男女(をとこをんな)』やとか『女男(ヲンナヲトコ)』やとか云ふやうになったのんやさうですが」
〘名〙 女と男。また、妻と夫。夫婦。めおと。
※栄花(1028‐92頃)衣の珠「あるはかなしき子に後れ、あるはめおとこのあはれに思におくれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女男の関連情報